含有成分

下呂温泉☆用語集

スポンサードリンク

含有成分とは

温泉中に含まれている成分のこと。
その成分の濃度や種類で温泉の種類が区別されます。

単純温泉とは、25度以上で遊離炭酸の含有成分が1キログラムあたり1000ミリグラム以下のもの。
食塩泉は、1キログラムあたり1500ミリグラム以上の食塩を含むもの。
重曹泉とは、1キログラムあたり陰イオンが80%で重炭酸ナトリウムが作られる温泉水のこと。

このように含まれる成分によって温泉の種類が変わり、作用も変わってきます。
例えばイオン成分が入浴や飲泉することによって健康を良くする働きを持つと言われ、評価されています。
飲める温泉もあります。


下呂温泉☆ガイド Top
メニュー
下呂市の温泉
下呂市内イベント案内
観光スポット

足湯情報
湯めぐり手形
温泉街マップ
交通アクセス

昼食+入浴プラン
下呂のポスター
温泉の用語集

このサイトについて
ぶらり湯巡り
下呂温泉 旅館検索
下呂温泉 旅j館一覧

下呂温泉 名物グルメ


下呂温泉 湯快リゾート
下呂温泉 アルメリア

飛騨萩原 ガイド
飛騨小坂 ガイド

【おまけ】 土岐プレミアムアウトレット
リンク
LINK

Copyright (C)下呂温泉☆ガイド All Rights Reserved