かけ流し循環併用

下呂温泉☆用語集

スポンサードリンク

かけ流し循環併用とは

温泉には、源泉が注がれますが、浴槽が大きいために加温や異物を除去するために循環濾過を併用していること。
かけ流しとは、お湯を流しあふれさせることで、新しいお湯も加えつつ循環させるということです。

かけ流しは、お湯が常に入れ替わるため人気があります。
しかし、人件費・水資源・水道代が多くかかるというデメリットがあります。

循環させることで、デメリットは多少なりとも解消されますが、菌の繁殖に注意が必要です。
塩素などで消毒を行っていますが、かけ流しでも菌の繁殖で感染することもあります。
特にお年寄りや子供が、浴槽内の菌を吸収し感染してしまうとレジオネラ肺炎などが発症することがあります。



下呂温泉☆ガイド Top
メニュー
下呂市の温泉
下呂市内イベント案内
観光スポット

足湯情報
湯めぐり手形
温泉街マップ
交通アクセス

昼食+入浴プラン
下呂のポスター
温泉の用語集

このサイトについて
ぶらり湯巡り
下呂温泉 旅館検索
下呂温泉 旅j館一覧

下呂温泉 名物グルメ


下呂温泉 湯快リゾート
下呂温泉 アルメリア

飛騨萩原 ガイド
飛騨小坂 ガイド

【おまけ】 土岐プレミアムアウトレット
リンク
LINK

Copyright (C)下呂温泉☆ガイド All Rights Reserved